※アフィリエイト広告を利用しています

バスケットボール

河村勇輝の年俸は3年契約で1億円越え?スポンサー収入やNBA選手と比較完全ガイド

広告

バスケットボール男子、日本代表の河村勇輝選手。2023年のFIBAバスケットボールワールドカップでは、プレーだけでなく礼儀正しい姿でも、注目されました。

日本代表の中でも、トップレベルの河村勇輝選手の年棒はいくらか?

この記事では、河村勇輝選手の年俸に関する情報を徹底解説します。スポンサー契約まで、河村選手の年収に関する全てを知りたい方のための完全ガイドです。

 

河村勇輝の現在の年俸は?

バスケットボール日本代表、河村勇輝選手の年棒は、

年棒

推定1億

基本給・勝利給・スポンサー収入を含めた総額は、

総額

推定1億2500万円

Bリーグでも、数人しかいない推定年棒1億円を越える選手です。Bリーグは選手の年棒を公開していないため、この記事で解説する金額は推定です。

 

Bリーグにおける年俸の仕組み

では、Bリーグの年俸の仕組みは、どのような構成なのか。主に、4つの内訳を解説していきます。

基本年俸

各選手が所属するクラブから支払われる基本的な年俸です。

B1リーグの最低年俸は300万円

B2リーグの最低年俸は240万円と規定されています

Basket Countによると、2019-2020シーズンのB1日本人選手の基本報酬は平均1610万円。

日本代表エントリーメンバー(八村塁、渡邊雄太、馬場雄大、ニック・ファジーカスを除いた8名)の平均年俸はさらに高額となり、平均4540万円

一部のトップ選手は1億円以上の年俸を受け取ることもあります。日本代表クラスの選手になると、平均年棒が約3倍になります。

河村勇輝選手の年棒は、1憶円を越えているので日本代表選手の中でも最高峰の年棒だと言えるでしょう。

 

出場給

5万円

出場した試合数に応じて支払われる報酬です。試合に多く出場し、チームに貢献することで収入が増える仕組み。

 

勝利給

8万円

チームが試合に勝利した際に支払われる報酬です。選手のモチベーションを高めるためのインセンティブとして機能しています。

 

スポンサー収入

 個々の選手が企業と契約することで得られる収入です。スポンサーからの支援やメディア出演などが含まれ、選手によって大きく異なることがあります。

人気選手や実績のある選手ほど、高額なスポンサー契約を結ぶ傾向にあります。

 

また、Bリーグには特別指定選手制度があり、大学や高校在学中の有望な選手がプロの試合に出場することが可能です。

河村勇輝選手も、2019−20シーズンに、三遠ネオフェニックスに特別指定選手として入団し、初の高校生B1所属選手となり注目を浴びました。

この制度により、若い選手が早い段階でプロの経験を積むことができます。

 

これらのことから、Bリーグの年俸体系は、基本年俸に加えて出場給や勝利給、スポンサー収入など4つの要素で構成されています。そのため、選手の活躍度や人気度に応じて、収入が大きく変わります。

 

河村勇輝 年俸の内訳

では、河村勇輝選手の年棒の内訳を解説していきます。

 チームからの年俸

チームからの年棒は、推定1憶円。

来季以降の3年契約を結んでいたことを明らかにした。金額は非公表だが、1年1億円規模とみられる

引用:日刊スポーツ

 

出場給

56試合×5万円=280万円

2023-24シーズンは56試合に出場しました。

 

 勝利給

23試合×8万円=264万円

出場した試合で、チームが勝利したのが23試合。

 

スポンサー収入

河村勇輝選手は、現在4社とスポンサー契約を結んでいます。

河村勇輝選手のスポンサー契約リスト

2021年4月 ザムスト

2021年4月 サン・クロレラ パートナーシップ契約を締結

2021年4月 アシックス アドバイザリースタッフ契約

2024年5月 ジョージア ブランドセレブリティ

 

人気度が違うので、単純には比較できませんが参考までに。プロ野球選手のスポンサー収入はこちらです。

画像:FRIDAY

 

河村勇輝選手がスポンサー契約を締結した当時、まだ東海大学に所属していました。

現在は活躍度・知名度・人気度もかなり上がったと言えます。当時のスポンサー契約が数年契約か単年契約かは、公表されていないので不明です。しかし、企業のウェブサイトにまだ掲載されているので、契約は継続中と考えられます

野球選手の例を参考にすると、河村勇輝選手はスポンサー収入が1社500万円以上あると考えられます。4社で2000万円のスポンサー収入が見込めます。

 

河村勇輝 年俸の比較

ここからは、Bリーグトップクラスの年棒の河村勇輝選手と他の選手を比較してみましょう。

他のBリーグ選手の年俸と比較

来季、Bリーグに復帰することを宣言した日本代表の渡邊雄太選手。

あるクラブ幹部はBリーグでの渡辺の年俸について、「集客効果やグッズ売り上げ効果も見据えれば、3億円はいくのでは」と具体的な数字をあげる。

引用:日刊スポーツ

NBAからBリーグに復帰することで、年棒は下がります。日本での知名度と人気度を考えると、年棒も3億円の可能性もあるみたいです。

 

2019年に年棒1憶円選手となった、富樫勇樹選手は4年契約ながら、年棒は非公開

チームの中心選手、富樫勇樹(30)と来季から27-28年シーズンまでの4年契約を結んだと発表した。年俸は非公開。

引用:日刊スポーツ

2019年にすでに年棒が1憶円だったので、富樫勇樹選手も年棒は1憶円以上と推定できます。

 

NBA選手との年俸比較

先ほど紹介した、来期日本に復帰する渡邊雄太選手。昨季NBAでの年棒は、年平均で約3億8500万円

米メディアによると渡辺はサンズと2年総額500万ドル(日本円約7億7000万円)で契約(その後、2月8日にグリズリーズにトレード移籍)。単純に年平均で約3億8500万円の年俸だったとみられる。

引用:スポニチ

日本人選手として、初めてドラフトでNBA選手となった八村塁選手は、年平均約24億4800万円

八村塁選手が、レイカーズと3年総額5100万ドル(約73億4400万円)で再契約に合意したと6月30日、スポーツ専門局ESPNが伝えた

引用:スポーツ報知

と、Bリーグと比べると桁が違います!

NBAは選手の年棒を公開しています。Basketcall Referenceによると、2023-2024シーズンの

NBA年棒

平均給与 $8,627,216(約13億5292万円)

中央値給与 $3,722,040(約5億8367万円)

平均より、中央値給与が大部分の選手の年棒になりますが、6憶円近い年棒

将来NBAにも挑戦する意向を表明している、河村勇輝選手も5億円以上の年棒になる可能性もありますね。

 

まとめ

河村勇輝選手の年俸は、推定1億円

他に、基本給・勝利給・スポンサー収入を合わせた総額は、推定1憶2500万円超

日本のBリーグ選手の中では、最高峰の年棒であることは間違いない。ただ、NBAの選手と比べると、1/5程度の年棒。

この記事では、河村勇輝選手の年俸について詳しく解説しました。河村勇輝選手には、ぜひいつかNBAに挑戦して欲しいです。

広告

-バスケットボール
-